バリフの危険性を調査する医師

バリフはレビトラのジェネリック医薬品です。食事の影響を受けにくく即効性が高いと言われていますが、バリフを危険だと感じている方もいらっしゃいます。ここではバリフの危険性などを説明していきます。

化学構造式が複雑で、効果が高いバリフについて

レビトラの2割程度の価格で購入できるバリフバリフは、インドのムンバイに本社があるアジャンタファーマ(Ajanta Pharma Ltd)社が製造と販売をしている医薬品です。アジャンタファーマ社は、2000年に株式上場をしている会社であり、主に抗マラリアや、心臓病、皮膚科、食道、筋骨格、眼科、呼吸科などに関する医薬品の研究開発や販売をしています。
バリフは、ED治療薬として世界中で使われている「レビトラ」のジェネリック医薬品です。バリフの有効成分はバルデナフィルであり、化学構造式は複雑であり、分子式がC23H32N6O4S・HCl・3H2Oです。レビトラの2割程度の価格で購入することが可能であり、リーズナブルな価格でED治療をすることができます。
バリフは、水に溶けやすい薬剤であるため、空腹時に服用することが良いとされています。性行為をする前の30分前に服用することで、EDを解消することができます。効果は薬の服用してから20分後にあらわれ始めます。薬の効果の持続時間は、6時間から10時間であります。服用の間隔は24時間以上あけないといけないため、注意が必要です。初めて服用する場合は、ピルカッターなどを使って10mg程度に割って飲むことが良いとされています。
バリフを服用することで副作用を生じることがあるので、注意が必要です。副作用で多い症状は、顔のほてりや頭痛、めまい、消化不良などがあります。軽度の副作用の場合が多いですが、重篤な症状を生じる人がごく稀にあるため、薬で違和感を感じた場合は、様子を見て、しっかりとした体調管理をする必要があります。また、車の運転に危険を及ぼす可能性もあるため、バリフを服用してから、時間を少しあけてから運転する必要があります。