バリフの危険性を調査する医師

バリフはレビトラのジェネリック医薬品です。食事の影響を受けにくく即効性が高いと言われていますが、バリフを危険だと感じている方もいらっしゃいます。ここではバリフの危険性などを説明していきます。

2015年05月の記事一覧

一般的な視覚異常の原因

ED治療薬にはいくつかの銘柄があって、有効成分もそれぞれ違いがありますが、基本的なしくみとしてはほぼ同一で、生殖器官の周辺にある酵素が血管の平滑筋を収縮しようとするはたらきを妨害して、血管が逆に拡張するようにすることで、血液がスムーズに流れてEDの症状が一時的に解消するということになります。バリフなどもこうしたED治療薬の一種で、ドイツのバイエル社の先発品のジェネリック医薬品として知られています。
バリフというより、むしろアメリカのファイザー社のバイアグラ、またはそのジェネリック医薬品などのほうが顕著ですが、ED治療薬を服用すると、その副作用として視覚異常がみられるということが指摘されています。
視覚異常というのは、視力が低下したり、一時的にまったくものが見えなくなったり、ものがぼやけて見えたり、視野のなかに黒くて見えない部分ができたりといった、視覚にかかわる異常をいいます。
こうした視覚異常の一般的な原因としては、原発性の目の病気、老化現象、角膜など目に傷がついた、その他全身性の病気にかかったなどが考えられますが、実はED治療薬の服用が原因となっている可能性もあります。
ただし、基本的にはED治療薬の服用によって、光がまぶしく感じる、ものがかすむ、光が青く見えるなどの視覚異常の症状があらわれたとしても、それは一過性のことであり、服用から時間が経てばもとに戻るとされています。
アメリカではED治療薬を服用した人に虚血性視神経症という重大な視覚異常がみられたケースがあるとしていますが、これは糖尿病・心臓疾患の患者がED治療薬を服用していたケースであり、実際にED治療薬の成分が原因なのか、それとも糖尿病などが原因かは不明です。バリフはこの報告事例とは異なるED治療薬です。

続きを読む

バリフで視覚異常

ED治療薬のジェネリックとしてすぐれた効き目をもつバリフは、その薬剤中に含まれている有効成分が、男性の性器あたりの筋肉を縮こまらせている原因を取り除くことによって、血液の流れをスムーズにして、結果的にEDの悩ましい症状の解消に結びつけるという役目を果たしています。
このバリフを服用するにあたっての適正量というのは、一般的には性交の1時間前に1錠だけということがいわれていますが、日本人の場合は半錠、有効成分の量にして10ミリグラム程度、老人ならさらに半分の5ミリグラムでもよいかもしれません。
バリフはED治療薬としては即効性のある部類で、服用してからどんなに遅くとも1時間あれば効果を発揮しますが、血管を拡張するというかたちで肉体に影響を与える薬ですので、ある程度の副作用が感じられることがあります。
多いものとしては、ほてり、頭痛、鼻づまりがありますが、いずれも軽いものですので、逆に薬の効果の裏返しとして捉える程度でよいでしょう。
そのほかの副作用として、バリフを服用した際、まれに視覚異常などの感覚器に関連した症状が起きることがあります。バリフと同じ成分をもつ正規品のED治療薬の臨床試験では、出現する頻度としては1パーセント未満ではありますが、一般的な視覚異常のほか、視野に霞がかかったようにぼんやりする、光がまぶしく見える、涙で眼が潤んでしまう、目に痛みを感じる、といった症状が確認されているところです。
いずれも程度は軽いといい、服用したとき限りの一過性のもののようですが、念のため、バリフを服用した際には、高所での作業や自動車の運転など、視力のせいで危険が及ぶような行為はしないほうがよいといえます。

続きを読む