バリフの危険性を調査する医師

バリフはレビトラのジェネリック医薬品です。食事の影響を受けにくく即効性が高いと言われていますが、バリフを危険だと感じている方もいらっしゃいます。ここではバリフの危険性などを説明していきます。

2015年06月の記事一覧

目の病で多い病気とは

ED治療薬のバリフは、ドイツのバイエル社の製品の成分をもとにしてインドでつくられたジェネリック医薬品にあたりますが、効果は正規品と同様であるにもかかわらず、安価で入手できることから、最近では海外通販サイトなどを通じて人気が出ています。
このバリフを服用すると、血管が拡張されて局部の血行がよくなってくるため、EDを解消するだけの効果が得られるのですが、同時にその副作用として、顔のほてり、頭痛、鼻詰まり、めまい、消化不良などが比較的起こりやすいということがいわれています。
そのほか、こうした症状以外では、目の病気のような症状が、ごくまれにみられることがあるとされています。具体的には、結膜炎や視覚異常、ほかに網膜が光の刺激を受けたときに異常にまぶしく感じたり、痛みを感じたり、光そのものが赤く見えたり、または視野に霞がかかったように見えたりといった症状が多いようです。
これは実は目の病気というわけではなく、バリフの有効成分が体内に吸収されたときに一時的に生じる現象で、臨床試験の結果によれば、こうした症状も時間とともにしだいに消えていくことがわかっています。
バリフは飲んでから長くとも1時間もあればその効果がピークに達し、有効成分の血中濃度もマックスに高まっていますが、その後3時間から5時間ほどすると、血中濃度は2分の1まで低下して、効果もなくなっていきます。
これは肝臓で有効成分が代謝され、体内に残らなくなってしまうためですが、あわせて目の病気のような副作用についても、体内での原因がなくなるために消失するということになります。
ただし、あまりにも症状が長引いてあきらかに異常だという場合には、かかりつけの病院を受診して、医師にきちんとした指導をしてもらうことが必要です。

続きを読む