バリフの危険性を調査する医師

バリフはレビトラのジェネリック医薬品です。食事の影響を受けにくく即効性が高いと言われていますが、バリフを危険だと感じている方もいらっしゃいます。ここではバリフの危険性などを説明していきます。

2015年07月の記事一覧

目の病を予防するには

目の病気にかかってしまう理由としてはさまざまなものがありますが、日常的な心がけによって、こうした病気をある程度予防できる部分もあります。
たとえば、水晶体が白く濁って視力低下が進む白内障、視野の中央がよく見えなくなる加齢黄斑変性症などは、年齢を重ねるとともにやがて現れるものですが、紫外線がその発症に大きくかかわっているといわれています。そのため、外出時にサングラスを着用するなど、目をなるべく紫外線から守るといった取り組みが可能です。
また、目の疲労から全身的なだるさなどの症状が及ぶ眼精疲労については、パソコンなどを日ごろ使って長時間作業をしている人がなりやすいものです。こちらも作業の合間に適度に休憩を入れて目を休ませるなどの工夫が必要です。
そのほか、定期的に眼科医にかかって検査を受け、目の異常を早めに発見するということも、病気を適切に治療したり、症状の進行を遅らせるといった目的のためには大切なことです。
こうした目の病気とは別に、実は病気以外の原因によって視力・視覚の異常が生じる場合もあります。たとえば、バリフなどのED治療薬を服用した場合ですが、高い頻度ではないものの、服用した人のなかには、光が極端にまぶしく感じる、光が青や赤になって見える、視野がぼんやりとする、といった視覚異常の症状を訴える場合があるようです。
こうした視覚異常が生じるメカニズムはよくわかっていませんが、いずれにしてもバリフのようなED治療薬の服用が関与しているものとみられています。
ただし、これらの目の症状は一過性のもので、バリフなどのED治療薬の成分は時間が経つと体外に排泄されてしまい、目の症状についてもしぜんと消失してしまうことが多いようです。

続きを読む